関ジャム 2018年上半期 いしわたり淳治ベスト5

いしわたり淳治さんの選ぶ2018年上半期ベスト5曲

関ジャム 2018年上半期ベスト5曲を発表!

2018年7月15日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』で番組の目玉企画「売れっ子音楽プロデューサーが選ぶ2018年上半期マイベスト5曲」が発表されました。

これまでも数々のアーティストが話題になっている名物企画。今回はこの企画でもお馴染みの蔦谷好位置さん、いしわたり淳治さんに加え、今注目の音楽プロデューサーmabanuaさんが初登場。

ヒット曲をプロ独自の目線で分析! プロだからこそ知る隠れた名曲とは?

2018年上半期売れっ子音楽プロデューサーが選んだ名曲とは、どんな曲だったのでしょうか? 今回は2018年上半期 いしわたり淳治さんが選んだベスト5曲をコメントと共に、それぞれ5位から1位までカウントダウン形式でまとめてみました。


2018年上半期 蔦谷好位置が選ぶベスト5はこちら⇩

関ジャム 2018年上半期 蔦谷好位置ベスト5


2018年上半期 mabanuaが選ぶベスト5はこちら⇩


いしわたり淳治さんの選ぶ2018年上半期ベスト5曲

Superfly・布袋寅泰・JUJUなど手がけた楽曲は600曲以上の歌詞プロデューサー いしわたり淳治さん。今回シンプルに選んだつもりが意外と男臭い選曲になってしまったかもしれない、と語る2018年上半期のランキング。

それでは、いしわたり淳治さんが選んだ2018年上半期マイベスト5曲。いしわたり淳治さんのコメントと共に、5位から1位までカウントダウン形式でどうぞ~♪

ヾ(。ゝω・)ノ゚☆,。・:*:・

第5位:星野源「ドラえもん」

星野源「ドラえもん」

  • 作詞:星野 源
  • 作曲:星野 源
  • 発売日:2018年2月28日

国民的アニメに起きた大事件 あの人の無敵感がスゴい!

映画『ドラえもん のび太の宝島』の主題歌として制作された楽曲。この曲に対して、いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

これほど長い歴史のある『ドラえもん』という作品を真正面から背負うのは、かなり覚悟のいることです。星野源というアーティストの今の時代における無敵感、余裕、ある種の凄みのようなものを感じる、事件だと思いました。

楽曲制作を依頼されるときに一番多いオーダーが「ストーリーはコレです。でも(物語)に寄せすぎないでください!」というもの。そんな中で曲のタイトルが『ドラえもん』で歌詞の中に登場キャラクターや内容も多く入っている。

『ドラえもん』という国民的作品を真正面から背負っても違和感がない、星野源さんの今の時代の無敵感が凄いなと思いました。

映画『ドラえもん のび太の宝島』に海賊トマト役で出演していたサバンナ高橋さんが制作現場で聞いたスタッフの話によると、映画の主題歌完成の報告を受けた制作スタッフも完成した主題歌のタイトルが『ドラえもん』という直球さに驚きを隠せなかったそうです。

第4位:湘南乃風「やめちまぇ!」

湘南乃風「やめちまぇ!」

  • 作詞:湘南乃風、寺岡呼人
  • 作曲:湘南乃風、寺岡呼人
  • 発売日:2018年3月21日

ワンワードで心を掴む! インパクト大の最初の一言

湘南乃風2018年シングル第一弾としてリリースされたシングル曲。テレビ朝日系で放送されている音楽番組『BREAK OUT』3月度オープニング曲に起用された楽曲。この曲に対して、いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

上半期のサビ頭大賞という感じでしょうか。サビ頭の「やめちまぇ!」というインパクトの強い言葉、そこから逆説的に応援歌として展開していく歌詞世界。

曲が流れた瞬間、たった一言で聞き手の耳をさらっていくような、瞬発力のある、素晴らしい言葉選びだと思いました。

第3位:Hump Back「拝啓、少年よ」

Hump Back「拝啓、少年よ」

  • 作詞:林 萌々子
  • 作曲:林 萌々子
  • 発売日:2018年6月20日

ロック界の新たな注目株 20代の3人組ガールズバンド

2009年に高校の軽音楽部で結成された大阪出身の3ピースガールズバンドHump Backによる楽曲。いしわたり淳治さんが注目したのは「ハッとする」歌い出しの歌詞

夢はもう見ないのかい?

明日が怖いのかい?

この曲に対して、いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

歌い出しでハッとさせる言葉と声とメロディー。いわゆる流行と無縁の場所で、憧れや夢やロマンといった、かつてのロックが本来持っていた美しさや強さを、若い3人の女性が3つの楽器だけで完璧に表現していて素敵です。

第2位:宇多田ヒカル「初恋」

宇多田ヒカル「初恋」

  • 作詞:宇多田ヒカル
  • 作曲:宇多田ヒカル
  • 発売日:2018年6月27日

キラーフレーズ連打! あの天才が見せた覚悟と心意気

TBS系 火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』イメージソングに起用された楽曲。いしわたり淳治さんが注目したのは「好き」を表現したフレーズ。この曲に対して、いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

「もしも あなたに出会わずにいたら

誰かにいつかこんな気持ちに

させられたとは思えない」

という一回聞いただけで意味が分かるけれど、あまり聞いたことがない表現。このような「どれくらい好き?」の答えとして、とても秀逸なキラーフレーズが連打されています。

それまでの宇多田さんの曲では感情を伝えるツールとして英語や日本語を使っていたが、この曲は日本語の面白さに気付いてから書いた歌詞だと思う。昔の同じタイトル曲『First Love』と比べても英語が極端に少なく、日本語と向き合う覚悟や面白さを見つけた感じがする。

この曲に対して蔦谷好位置さんは以下のように加えてコメントしていました。

もちろん歌詞も凄いけど、今回ほとんどメロディーも動いていなくて、後ろの音も凄くシンプルに作られている。これで勝負しようとすることも含めて、覚悟の凄さやアーティストとしての厚みを感じる。普通のアーティストではできない!

第1位:竹原ピストル「どーん!とやってこい、ダイスケ!」

竹原ピストル「どーん!とやってこい、ダイスケ!」

  • 作詞:竹原ピストル
  • 作曲:竹原ピストル
  • 発売日:2018年4月4日

魂を歌うシンガーのシンプルで真っ直ぐな応援歌

2018年4月4日リリースのニューアルバム『GOOD LUCK TRACK』に収録されている楽曲で、伊藤忠商事の企業CMソングに起用されて話題となった。この曲に対していしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

聴いた瞬間、日本のどこかで替え歌になって歌われている画が浮かびました。

一般的に替え歌には二種類あります。一つは ただの悪ふざけの替え歌で、もう一つは「いとしのエリー」に代表されるような歌詞中の名前を「好きな人」の名前に変えて歌う、というような歌う人にとって“実用的な替え歌”です。

サビで「どーん! とやってこい」と繰り返し、最後に名前を言う。このシンプルなメロディーと歌詞は皆で合唱しても、一人で歌っても、きっと素敵な贈り物になるのではないでしょうか?

作詞家の阿久悠さんは「自分の歌が替え歌になるとしたらどうなるのか?」まで考えて作っていたと言います。世代を越えたヒット曲が生まれにくくなっている日本で、替え歌になるところまで考えて作っている人はほとんどいないと思う。この曲はそんな可能性を秘めていると思った。

この曲は応援歌というジャンルだと思う。例えば長渕剛さんの『乾杯』だったら「長い人生を応援する歌」、ZARDの『負けないで』だったら「戦っている人に対して負けないように励ます歌」。

2年後にオリンピックが来ることを考えたときに、一発勝負の目の前の難関に挑む人に送る「勝ち負けに関係ない応援の歌」が少ない中、竹原ピストルさんの『どーん!とやってこい、ダイスケ!』はそんな歌になれると感じた。


以上、2018年7月15日に放送された「関ジャム 完全燃SHOW」でいしわたり淳治さんが選んだ2018年上半期の名曲ベスト5でした~。今回1位だった竹原ピストルさんの曲はCMでもよく流れている曲が多くて、力強さのある心に残るフレーズの曲が印象的ですよね。

個人的に竹原ピストルさんの曲はずっと気になっていましたが、まだちゃんと聴き込んだことがないので改めて今度しっかり聴いてみたいと思いました。

(*^_^*)


2018年上半期 蔦谷好位置が選ぶベスト5はこちら⇩

関ジャム 2018年上半期 蔦谷好位置ベスト5


2018年上半期 mabanuaが選ぶベスト5はこちら⇩


フォローする

スポンサーリンク