関ジャム2018年ランキング名曲ベスト10

感ジャム2018年ランキング名曲ベスト10

スポンサーリンク

関ジャム2018年ランキング名曲ベスト10

2019年1月20日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』で毎年恒例の目玉企画「売れっ子音楽プロデューサーが選ぶ2018年マイベスト10曲」が発表されました。

これまでも数々のアーティストが話題となり、音楽業界も注目する名物企画。去年に引き続きこの企画でお馴染みの蔦谷好位置さん、いしわたり淳治さん、mabanuaさん3人の売れっ子音楽プロデューサーを迎えて、2018年に発表された楽曲の中から名曲ランキングベスト10をそれぞれ発表!

ヒット曲をプロ独自の目線で分析! プロだからこそ知る隠れた名曲とは? 聴き逃していた名曲が見つかるかも!?

いしわたり淳治が選ぶ2018年名曲ランキングベスト10

いしわたり淳治が選ぶ2018年名曲ランキングベスト10

それでは早速、このページでは2018年いしわたり淳治さんが選んだ名曲マイベスト10曲をコメントと共に、それぞれ10位から1位までカウントダウン形式でご紹介します。

第10位:杏沙子「花火の魔法」

杏沙子「花火の魔法」ミュージックビデオ(90秒シングトレーラー)

杏沙子「花火の魔法」

  • 作詞:杏沙子
  • 作曲:杏沙子
  • 発売日:2018年7月11日

「サビの仕舞い方」が秀逸 新鋭女性シンガーが描いた夏の恋

去年メジャーデビューした鳥取県出身のシンガーソングライター。この曲に対して いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

サビの「花火の魔法にかかってしまえ わたしの病を患ってしまえ」という表現、「あなたのこと火傷させたいです。」というサビの仕舞い方、とても上手いと思いました。

第9位:wacci「別の人の彼女になったよ」

wacci 『別の人の彼女になったよ』Short Ver.

wacci「別の人の彼女になったよ」

  • 作詞:橋口洋平
  • 作曲:橋口洋平
  • 発売日:2018年11月7日

普通なら口の出さない言葉で強烈なインパクトを残す1曲

ドラマやCMソングに次々と採用されている注目の5人組バンドwacciの楽曲。この曲に対して いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

普通ならば口に出すことのないであろう「別の人の彼女になったよ」この言葉を見つけたセンスが素晴らしいです。

第8位:Hump Back「悲しみのそばに」

Hump Back – 「悲しみのそばに」Music Video

Hump Back「悲しみのそばに」

  • 作詞:林 萌々子
  • 作曲:Hump Back
  • 発売日:2018年12月5日

2018年上半期でも選出 ロック界注目のガールズバンド

2009年に高校の軽音楽部で結成した大阪出身の3ピースガールズバンドHump Backの楽曲。この曲に対して いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

音楽を自己表現のツールとして使う人も増えた昨今、彼女たちはちゃんと音楽というものに憧れている。だからか どんなに後ろ向きな言葉を書いても、彼女たちの音楽からは果てしない希望を感じます。心が洗われるような清々しい音楽です。

第7位:DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

DREAMS COME TRUE – 「あなたとトゥラッタッタ♪」

DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

  • 作詞:吉田美和
  • 作曲:吉田美和・中村正人
  • 発売日:2018年11月14日

表現の天才の言葉遊びが冴える新しいラブソングの形

朝ドラの主題歌にもなっているドリームズ・カム・トゥルーの「あなたとトゥラッタッタ♪」。喜怒哀楽を表現した歌詞に注目した いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

「もらい泣き」「笑い」「怒り」ときて、最後に「もらいっ恥じ」と来る。これが凄い。人間の喜怒哀楽を動作に置き換えるとき笑い(喜)、怒り、泣き(哀)まではいけても「楽」で行き詰まってしまいがち。楽を「恥」に置き換え、「恥をかくのもあなたとなら楽しい」という愛のメッセージとして記したラブソングはこれまで無かったのではないでしょうか。

第6位:清竜人「平成の男」

清 竜人「平成の男」 MUSIC VIDEO

清 竜人「平成の男」

  • 作詞:清 竜人
  • 作曲:清 竜人
  • 発売日:2018年7月25日

アクの強さが癖になる平成最後にキマったキザ男の哀愁

かつて「関ジャム」では清竜人が一夫多妻制アイドルユニット「清 竜人25」を組んでいたことを紹介していました。この曲に対して いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

いつからか日本の歌謡曲ならではの、哀愁漂う粋でキザな歌は消えてしまいました。「俺じゃなきゃ 貴方を守れないと せめてもの勘違いさせてはくれないか」こんな角度の愛のメッセージは他のアーティストでは聴くことができません。

第5位:木村カエラ「ちいさな英雄」

木村カエラ – ちいさな英雄【SPECIAL VIDEO(映画「ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―」)】

木村カエラ「ちいさな英雄」

  • 作詞:木村カエラ・渡邊 忍
  • 作曲:渡邊 忍
  • 発売日:2018年8月22日

キャッチーなワードだけで構成した まるで2018年版の童謡

スタジオポノックの短編アニメ映画の主題歌にもなった木村カエラの楽曲。この曲に対して いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

「いいのかなー いいのかな せーんせいにーいってやろー」にも似た誰もが一度聴いたら覚えてしまうこのメロディーに、シンプルに「あそぼ あそぼ ちいさな英雄 あそぼう」とのせるセンスが素晴らしい。

第4位:Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble「This Is Me」

The Greatest Showman Cast – This Is Me (Official Lyric Video)

Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble「This Is Me」

  • 作詞:Benj Pasek & Justin Paul
  • 作曲:Benj Pasek & Justin Paul
  • 発売日:2018年1月17日

小学生でも分かる3つの英単語だけで作り上げた奇跡のメッセージ

ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」の主題歌。この曲に対して いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

初めて聴いた時から今日まで、何度聴いても鳥肌が立ちます。「This」「Is」「Me」(これが私なの)という英語の基礎中の基礎、小学生でも分かる3つの単語をシンプルに並べただけで、これほどの強いメッセージを作り上げた、奇跡のような一曲だと思いました。

第3位:宇多田ヒカル「初恋」

宇多田ヒカル 『初恋』(Short Version)

宇多田ヒカル「初恋」

  • 作詞:Hikaru Utada
  • 作曲:Hikaru Utada
  • 発売日:2018年6月27日

日本語と真正面から向き合った あの天才、覚悟のラブソング

2018年上半期のベストソング特集でも、いしわたり淳治さんが2位に選んでいた曲。この曲に対して いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

昨年を振り返ったとき真っ先に思いついたのが この曲でした。これまで どこか悲しげな歌詞が多い印象でしたが、最近の彼女の歌は力を抜いて たくましく前を向いている。そして真正面から日本語と向き合う覚悟や心意気のようなものを感じます。

第2位:JUJU x 松尾 潔 x 小林武史「メトロ」

JUJU 「メトロ」 Music Video フルバージョン

JUJU x 松尾 潔 x 小林武史「メトロ」

  • 作詞:松尾 潔
  • 作曲:Takeshi Kobayashi
  • 発売日:2018年10月31日

まるでファッションビルの広告 無駄のない美しい表現

この曲のサビの「カンタンに変わってくひとが いちばん苦手なくせに カンタンに変われないジブンが 誰よりいちばんキライ」という歌詞に驚いたという いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

サビの歌詞が、まるでどこかのファッションビルの広告コピーのよう。無駄のない美しい言葉が素敵だと思いました。また、サビの歌詞はネガティブなのに全体の物語はふわっとしたポジティブな話。この主人公が どのような悩みを抱えているかあえて書かない。

このようなサビの歌詞はAメロ Bメロで主人公の悩みや何が起きたかを書くのが長年のスタンダードとされてきたが、この曲はそれをやっていない引き算的なアプローチが粋に感じます。

第1位:ヤバイTシャツ屋さん「かわE」

ヤバイTシャツ屋さん – 「かわE」Music Video

ヤバイTシャツ屋さん「かわE」

  • 作詞:こやまたくや
  • 作曲:こやまたくや
  • 発売日:2018年12月19日

” すばらC 越えて、すばらD ” 音楽が流行語を取り戻す可能性

大阪出身の3ピースバンド ヤバイTシャツ屋さん 通称「ヤバT」による映画『ニセコイ』の主題歌で、3rd FULL ALBUM「Tank-top Festival in JAPAN」に収録されている楽曲。

この曲の超キャッチーなサビの歌詞に注目した いしわたり淳治さんは以下のようにコメント。

サビの「かわE 越して かわF やんけ!」「恥ずかC 越えて 恥ずかD やんけ!」という言葉遊びが爽快です。

「〇〇E 越して 〇〇F やんけ!」「〇〇C 越えて 〇〇D やんけ!」という言葉は日常生活で使えるシーンも多く、これが世間に広まれば音楽が流行語を取り戻す可能性を秘めた一曲だと思いました。

 

⇩ページ2ではmabanuaさん、ページ3では蔦谷好位置さんが選んだ2018年マイベスト10曲を紹介しています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました