気まぐれ4コマ漫画「幼き母性と暴言」

気まぐれ4コマ漫画「幼き母性と言葉の暴力」

気まぐれ4コマ漫画シリーズ

この4コマ漫画という表現方法が自分に合っているのかよく分からずに、気が向いたときに気まぐれでやっています。他人の絵を見るのは好きなんですが自分で描くのが苦手なので、なかなかモチベーションがあがりません。

今回は馴れないペンタブで描いてみました。結構昔に買ったのに、ほとんど使っていないのでサクサク描けずに時間がかかりましたw

でもマウスで描くよりは手が疲れない気がします。

(*^_^*)

幼き母性と暴言

気まぐれ4コマ漫画「幼き母性と言葉の暴力」


小さい子が好きでよく面倒をみてくれる5歳の女の子と、1歳の女の子が赤ちゃんの人形で遊んでいる場面でした。

静かに遊んでると思っていたら急に叫び出したので何があったのかと驚きましたが、繰り返すそのフレーズでピンときました。

1歳後半~2歳くらいの女の子で、日頃からよく喋る子です。言語の吸収が早い子なんだと思います。短いフレーズで口から発しやすいというのもあったんだと思いますが、たぶん家で流れていたテレビからの音を聞いて覚えてしまったんだと思います。

その単語の意味までは理解していないだろうとは思いますが、頭の薄い赤ちゃんの人形に向かって叫んでいたのでちょっと怖かったです。

5歳の女の子はちゃんと悪い言葉だと理解していて、1歳の子に

「その言葉は言っちゃダメだよ」

と教えてあげていました。

小さい子どもは周りの環境に毎日たくさんの刺激を受けていて、乾いたスポンジのように何でもすぐに吸収していきます。大人は子どもに悪い影響を与えないように日頃から言動には気をつけないといけないな、と改めて実感した場面でした。

フォローする

スポンサーリンク