セブンの「アップルブレッド」が美味しい♪

セブンのアップルブレッドが美味しい♪

セブンの「アップルブレッド」が結構美味しいよ♪

ど~も、ボッチおじさんです。もっぱら朝はパン派なのですが、最近お気に入りの菓子パン、セブンの「アップルブレッド」をご紹介します。アップルパイやアップルリング等のリンゴ系菓子パンが好きなんですが、中でも最近のお気に入りがこの「アップルブレッド」です♪

セブンのアップルブレッド 成分表

セブンの「アップルブレッド」はヤマザキパンと共同開発

セブンのアップルブレッド レーズン入り

セブンの「アップルブレッド」はセブン&アイグループと山崎製パンの共同開発商品のようです。

第一パン アップルリング

© FIRST BAKING CO., LTD.

アップル系の菓子パンで有名どころだと第一パンの「アップルリング」が思い浮かぶので、第一パンとの共同開発かと思ったら違うようです。しかし、第一パンの「アップルリング」は定番の人気商品なので、かなり意識して開発したのではないと思われます。

セブンの「アップルブレッド」はアップルジュレが美味しい♪

セブンのアップルブレッド 表面

セブンの「アップルブレッド」は棒状のパンで中央にレーズン入りのアップルジュレが入っています。表面に斜めのアイシングがかかっているところは第一パンの「アップルリング」と似ています。

セブンのアップルブレッドのトロトロリンゴジュレ

中に入っているリンゴジュレはトロトロで瑞々しく、とても美味しいです♪ 第一パンの「アップルリング」に比べて果肉は小さく刻んでありますが、パンとジュレの量のバランスがちょうど良く食べたときの満足感が違います。

今まで第一パンの「アップルリング」もよく食べていたのですが、パンが大きいこともあって食べていてパンとリンゴのバランスが少し悪いかな? と感じることがありました。それに比べてこのセブンの「アップルブレッド」はパンとリンゴジュレのバランスが絶妙です。

セブンのアップルブレッドのレーズン入りリンゴジュレ

中のリンゴジュレにはパッケージにも記載があるようにレーズンも入っています。このレーズンとリンゴの相性が良くとても美味しいです♪

セブンの「アップルブレッド」はレンジで温めて食べるべし

セブンの「アップルブレッド」はそのまま食べても美味しいのですが、レンジで30秒程度軽く温めると一層美味しく食べられます。軽く温めることでパン生地にしっとり感が出て、中のリンゴジュレにも熱によりトロトロ感が増して断然美味しくなります。

お家で食べるときには面倒くさがらずに、30秒だけレンジで温めてから食べることをオススメします。

(*^_^*)


今回は第一パンの「アップルリング」と比較してみましたが、セブンの「アップルブレッド」は第一パンの「アップルリング」で私が少しマイナスに感じていたポイントを見事に改善して開発されているなという感じがしました。

第一パンの「アップルリング」がホームパーティーをコンセプトに作られているので大きいサイズの満足感がある一方で、1人で食べるには少し食べにくいかな? という感じがあります。セブンの「アップルブレッド」はそこを逆に小さいサイズにして、1人でも食べやすい形に作られているのかと思います。

セブンの「アップルブレッド」は2017年10月2日発売で秋冬期間限定の可能性もありますので、気になる方はお早めに食べてみることをオススメします。コンビニの商品の入れ替わりは早いですからねw

(*^_^*)

フォローする

スポンサーリンク